ホワイトニング歯磨き粉って実は安全なんです。

芸能人は歯が命!

そんな言葉を一昔前はよく耳にしていましたが、確かに歯が綺麗な人って美しいですよね。
特に、肌を小麦色に焼いている人の歯はより一層白さが際立ちますよね。
小言を言われながらも気にせずコーヒーを飲んでいましたが、今になって黄ばんだ歯を見て後悔しています。

ただ、最近は技術も発達し、歯医者などでお金をかければ歯を白くすることはできるので良い時代だなと思います。
しかも、歯医者だけではなく、歯磨き粉も進化しています。
そのホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤を含ませて歯磨きしながら黄ばみ成分を取り除こうという歯磨き粉です。

研磨剤だって使い方次第で効果あり!

ホワイトニング歯磨き粉に含まれる研磨剤が危険だという意見を見聞きしますが、そういうときはだいたい「使いすぎ」による危険性のことを言っています。
はっきり言うと、何でも使いすぎは危険です。
研磨剤の入った歯磨き粉は、床汚れ掃除などに使う洗剤のクレンザーと同じようなものです。

歯の表面を削って付着した汚れを取り除くのです。
黄ばみ成分を取り除くだけの力の強さで、できるだけ短い時間で歯磨きを済ませるようにすれば安全だと思います。
歯は本来硬いものですが、研磨剤のほうが確かに硬いということだけは気をつけなければなりません。
磨きすぎると知覚過敏になったり、削り過ぎた歯の表面は溝ができてしまうことで汚れが入り込んで取れなくなってしまいます。

ちょうど良いバランスを見つけるまではあまりゴシゴシ磨きすぎなければOKです。

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉も!?おすすめの成分は!?

研磨剤の安全性について先に十分伝えましたが、研磨剤を使っていないホワイトニング歯磨き粉もあるようです。
やっぱり歯磨き粉も進化していますね。
でも、その研磨剤不使用の歯磨き粉はどういう仕組みで歯を綺麗にするのか気になりますよね。

成分表示を見てみると、ポリアスパラギン酸やハイドロキシアパタイトなどと書かれています。
これは、歯を削るのではなく、表面の汚れとくっつくことでその汚れを剥がすような働きをします。
表面に付着した汚れを落とす効果は少し劣りますが、知覚過敏や歯周病の人向けといえそうです。

また、虫歯予防もできる成分が含まれていることも特徴です。
ちなみに、研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉は1か月あたり3000円程度で使うことができるので、
歯医者でホワイトニング治療などをするよりは安く済みますね。
ほんとに良い時代ですね。